バイナリーオプションの三つの投資判定タイプ

バイナリーオプションは要するに為替の状況が特定のときに今よりも上であるのか下であるのか、ということの1/2を当てる投資です。
バイナリーオプションとは、要するに決められた条件を満たすか満たしていないのかということを投資対象にするものになります。
外国為替などを前提に話をすることになりますが基本的に相場が立っているのであればこの手のオプション取引というのは何でも可能です。
バイナリーオプションの利点としては損失が分かりやすいということがあります。これは予測が外れた場合でもあくまで損失の上限はどんなに数字が変動していようとオプションの購入金額で、ということになるからです。そうした部分がFXとは異なるところであり、どんなに相場であろうとも支払った金額以上の損害にはならないという利点があるのです。
さてバイナリーオプションですが3種類の判定ルールの中から自分に合ったものを選ぶということになります。
ハイアンドローとワンタッチとレンジの3種類です。どれも一定時間後や時間内の為替レートが円安か円高になるのかどちらかを予想するという点においては同じなのですが、為替の動きがどうなっていれば払い戻しを受けることができるのかということに違いが出てきます。
ハイアンドローはは名前の通りです。判定時間内に円の価格が基準法も上がったか下がったかという判定だけです。何銭動いたかということが重要にはなりませんので本当に上がるか下がるかの予想だけです。
ワンタッチは取引全体が判定基準となります。つまり、この取引の期間中に条件のレートに一度でも到達したかそれとも到達しなかったかということで判定が決まることになります。
レンジは円安でも円高でも判定の時間のレートがレンジ内に収まっているかどうかということで判断されることになります。
この三つの種類のやり方があるのですがよくよく見れば別に1/2というわけではない、ということが殆どです。ハイアンドローに関しては間違いなくそのままなのですが、他の二つは条件を満たすか満たさないかというだけのことではあるのですが別に確率的にそれが1/2になるかと言うとそうでもないです。
しかし、だからこそ知識によってその確率の偏りを知る事ができる、ということでもあります。
つまりは、知識によって見た目以上の確率で取引をすることができる可能性もあるわけです。
そうした点がバイナリーオプションの一番の魅力になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です