バイナリーオプションのトレンドフォローと損失限定のメリット

バイナリーオプションと通常のFXの違いの1つに、トレンド追跡があります。後者のFXの場合は、トレンドを追跡し続ける事ができます。バイナリーオプションにはトレンド追跡はありませんから、それはデメリットの1つではあります。しかし、かえってリスクを低くできるメリットもあるのです。

FXのトレンドフォローという方法

外貨の動きに注目してみると、たまにレートが伸び続けていく事があります。ある時から外貨の価格が上昇し始めて、なかなか下がる気配が感じられません。かなりの勢いで伸び続けることも事も実際あるのです。
上記のようにレートが伸び続けているような状態は、トレンドと呼ばれます。上記の場合は外貨のレートが高くなっている訳ですから、上昇トレンドと呼ばれるのです。下落している時は、下降トレンドと呼ばれます。
そのトレンドが発生している時に、利益を伸ばし続けていく方法があるのです。トレンドが続く限りは、どこまでも売らずに待ってみるやり方があります。実際そのトレンドフォローというやり方で、大きなお金を稼いでいる方も多いです。

トレンドフォローは困難なバイナリーオプション

ところでバイナリーオプションという商品の場合、そのトレンドフォローはできません。
例えばバイナリーオプションには、買いと売りのチケットがあります。それを購入して取引する訳ですが、前者の買いのチケットを買った時には、外貨が上昇してくれれば利益は発生するのです。
ただ外貨が上昇し続けたとしても、利益額は限定されます。たとえ外貨が0.3円だけ上昇した時でも、一気に1.0円ぐらい上昇した時でも、利益額は一緒になるのです。
トレンドフォローという方法の場合は、1.0円ぐらいまでの利益を追求する事ができます。単純計算で3倍ぐらいの利益になる訳ですから、確かにトレンドフォローという方法のメリットは大きいです。オプション取引は、その方法で売買できないデメリットがあります。

損失額も限定されるオプション取引

しかしバイナリーオプションは、損失額が限定されるメリットもあるのです。例えば上記のように買いのチケットを購入した後に、運悪く下落してしまいました。
ただオプション取引の場合は、損失の程度は統一されます。0.3円分だけ下落した時でも、1.0円でも同じ損失額に限定されるのです。
つまりオプション取引の方が、大損失を防ぎやすくなると見込まれる訳です。トレンドフォローできないデメリットはありますが、却ってそれはメリットの1つでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です