初心者向け投資ビジネス

初心者向けの副業でネットを使用した投資であれば、投資信託がおすすめです。これは、ファンドマネージャーと言う投資のプロの集団の方にお金を預け入れ資産を増やしてもらうという手法で、利点は投資をする際リスクの分散をすることが出来、なおかつ少額からでも投資をすることが出来ます。

ここで言うリスク分散は、投資した資金を一つに絞るのではなく複数の投資先に分けることでリスクを分散します。
早い話が、株に一本化して資金を注力するのではなく、株の他にも不動産に資金を投入しリスクを分散させるということです。

ただしこの投資法、リスクはあり、例えば詐欺であるとされることも多いです。
その理由ですが投資信託は専門の集団が株の他不動産を購入して資産としますが、ここで問題になるのが、必ずしも資産が増加する方向に行くとは限らないことです。
株の他不動産は価格が変動をします。逆に金などの現物取引でかつ、価格が常に安定しているものと比較すると大きく株価を下げることも考えられるのです。こうなってくると初回に注力した資金を失うこともあるのです。

つまり元手だった資金を下回った際に詐欺であると言っても、詐欺であることを証明できない上に必ずしも詐欺であると言えないのです。
何故なら、株は価格が変動しますし不動産も同様価格が変動するため、絶対に価格が下がるということを知っていない限り絶対に損をすることが確定しないのです。

つまり投資信託を利用している側は詐欺であることを訴えてもまず通らないのです。
その為、投資信託では返金と言う手法を取ることは可能です。
投資信託で言う返金は、これ以上投資をしたくないから資金をすべて返してくれと言う返金で、投資によって得た資金すべてを返してもらうことを指します。
これは自己の資金が減少をしているまたは、急に現金を必要とした場合に投資信託に投資をしている物が取れる手段で自分の資金を受け取ることを指します。

決して、最初に投資した元金をすべて返してくれと言う意味ではないので意味は間違えないようにしましょう。
投資信託では最初に投資をした元金を取り戻すことは出来ないのです。
つまり消滅した資金については返ってこないということになります。
しかし自分で投資先をいろいろと決めることが難しいと判断した場合第3者に資産を運用してもらうのが投資信託になりますので、投資信託は信頼できる会社が資産運用を任されているのであればおすすめの資産運用法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です